スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
9月終了。

あああ。終わっちゃったよう。9月。
いや、10月になってくれるのは嬉しいけど
せめて31日まで欲しかったよ9月。。。



9月はヒマだったので。

ヒマーヒマー言いつつもポチポチ出歩いていたので。

素敵な舞台を沢山観たので。

。。。その割に全然感想アップしてないので(汗)

そして。どんどん忘れてっちゃってるので(涙)

ちょ、ちょびっとだけ感想書いとく。
目指せ「一行レビュー」★★★(笑)

でもー。一行でまとめるのは非常に難しいなりよ。
あれに投稿してるみなさんは、文才あるんだなー。。。



「Sotova 卒塔婆小町」
2011年9月3日(土)12:00
草月ホール

もう大正解(はあと)
「ゆーや先生」と「舘さん」が「上田遙」を「踊る」???
そんないつどこでゲームみたいな(笑)演目を観られた奇跡に感謝します。

ゆーや先生のダンスは素敵だけど難しいので(いや、あたいの観る力不足なんだけど)
大丈夫かなーとかちょっぴり心配やったけど、今回のはストーリーがちゃんとあって
とても「わかりやすい」舞台でした。

インタビューもパンフレットもろくに読まないまま臨んだんですけど
台詞や状況説明があるわけでもないんですけど。
ちゃんとふたりが「何」を踊っているのかがわかる。伝わる。
静御前と義経とかイザナギイザナミとかつがいの鶴とか。

時代を変え姿を変えて繰り返し求め合うふたりなんだけど
それぞれがまったく違う人物(動物もいるけどww)で
愛し合う姿も違うという。もちろんそれはダンスで表現されているという。

舘さんの白拍子(静御前ね)がキレイかったなー。

群舞のお嬢さん方もきりっとしつけられたお猿のコのようでかいらしかったなー。

ゆーや先生の振り付けじゃないゆーや先生のダンス。というか、肩というか腕が。
H山さんみたいに見えてしまって「久しく観てないから禁断症状かも(汗)」と
じんわり落ち込んでいたら、休憩中に隣席のおともだちが同じことをカミングアウト(笑)
ああ。あたいの観方は間違ってなかったと安心した次第。
(おともだちも同じ病。という不安も捨てきれませんがww)




「Honey L Days ONE MAN SHOW"一攫千金"」
2011年9月3日(土) 17:30
恵比寿LIQUID ROOM

こっちも書いてないけど(汗)
横浜の"一か八か"もこっそり参加しておりました。
「恋のフレーズ」の振り付け?がおかしくっておかしくって
ゲラゲラ笑いながらの楽しくほっこりとしたLIVEだったのですけど。

みったんの「低音の魅力」にハマりましたよ。

今までは。素直な透明感のある高めの歌声が彼のキャラクターそのもので
「ええとこ」と思ってたんだけど。
ええええ。みったん、いつの間にそんなおっとこまえな「ええ声」になったん???
やっぱり男は30歳過ぎてからやなー。と確信したね。こぶし握りしめたね。


その余波もあって、恵比寿のみったんもまあ、かっこよくてかっこよくて。
なんか知らん、みったんばっかり見てたわー(笑)

で。ツアーファイナルだったので(笑)
ビック・サプライズ。
もー、ほんとイベント好きやねー。このふたりはー。
オーディエンスのCD収録ってのは、まあよくあるっちゃあるけど。
"ファンのみなさん"じゃなくてひとりっつクレジット入れる。なんて前代未聞っすよ!!!

"一攫千金"になるといいねーーー。





「ロミオ&ジュリエット」
2011年9月10日(土) 12:30
2011年9月10日(土) 17:30
赤坂ACTシアター

マチソワで観ちゃえば、Wキャストコンプリートも楽チン作戦(笑)
観終わった後、テーマ曲が巡って巡って困るという副作用もありますけど。。。

Wのどっちがいい。ということも無く。
こっちもアリだしそっちもアリだし、粒揃いやねんねえ。
どっちのマキューシオもティボルトもそれぞれイイとこあるし。

あ、もちろんロミオとジュリエットも(笑)
(⇒しかし一番可愛かったのは音月ロミオだと思うww)

シングルキャストも豪華すぎてもったいない舞台でした。
浦井くんと禅たんと涼風さんがしゅきー。


そして超楽しみにしてたTETSUHARUセンセの振り付けも満喫。


なんだけど。

TETSUHARUセンセ。バレエというかコンテというか。
死のダンサーの振り付けも先生が???

最初はふたりのそれが振り付けなのか、各自の自由演技なのか(笑)
全然判別つかなかったのだ。
だって、ぜーんぜんテイスト違うんだもん~。

でも、大貫さんがマチネで踊ってたのとおんなじ振りと中島さんも踊ってるし。
動きがおんなじだけで、全くベツモノなんだけどね。

どこだかの評で全然違うことが書いてあった気もするけど(汗)
ふたりのスタンスについて、中島さんはロミオにぴったりと寄り添って、
ロミオの感情にシンクロする官能的な「死」

大貫さんはただ。ただ、そこにいる。だけの感情を持たない「死」
でも、いつでも。どこにでも。いる。
この「いる」っていうのがめちゃくちゃツボでー。
デカイのもあるけど(笑)この圧倒的な「存在感」がハンパ無いんだー。
マチネ終わった後、リピーターチケットを思わず漁ってしまったほどだ!
(いや、さすがに思い直しましたけど)



「100年のI LOVE YOU」
2011年9月11日(日) 13:00
日本橋三越劇場

"俺の嫁"は相変わらずカッコイイぜ。

お。一行でまとまった(笑)

玉子ショーはいつも楽しくて大好きだー。
お遊びアリ。ムチャぶりアリ。悪ふざけアリ。女装アリ(笑)だけど
根本にオールドタイプの。100年前から100年先まで変わらない
どっしりとした古いハリウッド映画みたいなラブ・ストーリー。

玉野先生は赤いニーハイブーツも似合うけど(笑)
やはしタップシューズが一番カコヨイねーーー。
あの「音色」がたまらなく好きなわたくし。
惚れ直しましたね。⇒"俺の嫁"だけにノロケです。

た、タップガイの再演はいつやってくれるんですかあああああ。




「家電のように解り合えない」
2011年9月27日(火) 19:30
あうるすぽっと

初「チェルフィッチュ」!

いやいや、チェルフィッチュ公演じゃないけど。

でも主催の岡田さんのテイストを色濃く反映させてる。
というか。岡田さんが「創った」作品なんだと思う。
いや、初見だけども。

ダンス公演でも演劇でもないようで、そのどちらでもあるようで。

語られる言葉は意味があるようでいて、
その中身は別にどうでもよくて、その場の「空気感」を感じるための
効果音として、ただ聞き流してもいいような気がして。

でも観終わってから家に着くまで。
その「台詞」のことをずっとぼんやりと感じ続けていた(「考える」って程
シリアスでもないのだ)


開次くんはインタビューやトークでもしきりに「岡田語」って言ってたけど。

正直、わたしにも「岡田語」はまだ全然理解出来てないのだと思う。
でも舞台だから。言葉はわからなくても、観るのは楽しい。
英語もわからないのに、話題のオフブロードウェイ観に行っちゃう。的な???(笑)


そして。それとは別に。
全く俗な目線で。
開次くんのかわいさにデレデレしたあたい(笑)
いやいや、本当はすっごいダンサーさんなんですよ。念のため。

あと「俗意見」のついでに言いますけど。
やっぱりダンサーさんってのは「髪型」重要よな!!!
(個人的には足元もwww)


さて。
10月です。

あんなに待ち遠しかったのに、あっという間に過ぎてしまって
気がついたら「え?もう12月???」ってなりそうな
超盛りだくさんの「芸術の秋」!(笑)

がんばりましょう。

しょっぱなは「運動会」と「遠足」から!⇒え?芸術???






スポンサーサイト
【2011/10/01 04:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<キター | ホーム | プロフェショナルの流儀>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://woofc2.blog33.fc2.com/tb.php/532-3e2b5bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 【Top】 
Top
Theater moe


小劇場からミュージカルまで色々  今は何故かDIAMOND☆DOGSリーダーの東山義久さんに陥落中(笑)   →DD好きな方、お友達になって下さーい(魂の叫び)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。